家を買うのに、下調べの不十分な人が多すぎるのではないか

中古の不動産では、購入した後にトラブルが発覚するケースが多い

オトリで載せてあるだけで、その目的は電話をかけさせるためだ。一度電話を受けた営業マンは、ここぞとばかりに攻めまくる、「もう買い主はほかの物件を買ってしまいましたが、ほかにもいっぱいお客さんはいますので、ぜひ査定にうかがわせてください」という言葉に乗ってくれればしめたもの。もうそうなると、電話をかけたほうは、相手は個人ではなくて、業者だったなどということは忘れてしまっている。

よくよく考えてみれば、買い急ぐ人は広告なんか出さなくても、不動産屋へ行けば事足りるのだ。したがって、この広告は売る人を探しているものなのである。だから、売り主が電話などしようものなら、食いつかれて、ヘタするといいようにされてしまう。うまい話には毒があるというのは、不動産取引の原点だということを忘れないでほしい。結論として、買い物件の「優良・格安」、売り物件の「高く買う」広告の99パーセントはオトリと思って間違いない。

新築と中古は売り主が違うという現実。中古住宅を求めるお客さんが一番誤解しているのが、中古住宅の売り主、つまり契約相手であり、売買物件に責任を負う人についてである。新築の場合だと、売り主は不動産屋もしくは建設会社が多いが、中古では売り主そのもの、つまり元の所有者、個人なのだ。中古の場合、不動産屋の役割は仲介者にすぎない。したがって、くどいようだが、不動産屋に売買物件そのものに関する責任はないのである。しかし、この問題でのトラブルがあとを絶たない。新築の場合、売り主は不動産屋だから、お客はある意味では安心していられる。万が一のときは不動産屋を訴えればいいと思っているからだ。


What's New
2014/12/04 おすすめ記事を更新しました。
2014/11/30 新着記事を更新しました。
2014/11/29 民間のマンションを更新しました。
2014/11/26 夢見る状態を更新しました。
2014/11/24 トラブルが見つかるを更新しました。
2014/11/22 中古を買うときを更新しました。
2014/11/21 中古の不動産では、購入した後にトラブルが発覚するケースが多いを更新しました。
2014/11/18 ホームページをリニューアルしました。

Pickup Site
Yahoo!不動産高齢者賃貸住宅アドバイザーワーキングヘーベルハウス・賃貸併用住宅について
Yahoo!不動産は賃貸マンション・賃貸アパートをはじめ賃貸物件情報が満載高齢者向け賃貸住宅の相談や住宅の売却相談など高齢者のための住宅アドバイスをしています。旭化成の賃貸併用住宅の、品質性能、住まい方のバリエーション、トータルサポートシステムについてのサイト