家を買うのに、下調べの不十分な人が多すぎるのではないか

中古の不動産では、購入した後にトラブルが発覚するケースが多い

オトリで載せてあるだけで、その目的は電話をかけさせるためだ。一度電話を受けた営業マンは、ここぞとばかりに攻めまくる、「もう買い主はほかの物件を買ってしまいましたが、ほかにもいっぱいお客さんはいますので、ぜひ査定にうかがわせてください」という言葉に乗ってくれればしめたもの。もうそうなると、電話をかけたほうは、相手は個人ではなくて、業者だったなどということは忘れてしまっている。

よくよく考えてみれば、買い急ぐ人は広告なんか出さなくても、不動産屋へ行けば事足りるのだ。したがって、この広告は売る人を探しているものなのである。だから、売り主が電話などしようものなら、食いつかれて、ヘタするといいようにされてしまう。うまい話には毒があるというのは、不動産取引の原点だということを忘れないでほしい。結論として、買い物件の「優良・格安」、売り物件の「高く買う」広告の99パーセントはオトリと思って間違いない。

新築と中古は売り主が違うという現実。中古住宅を求めるお客さんが一番誤解しているのが、中古住宅の売り主、つまり契約相手であり、売買物件に責任を負う人についてである。新築の場合だと、売り主は不動産屋もしくは建設会社が多いが、中古では売り主そのもの、つまり元の所有者、個人なのだ。中古の場合、不動産屋の役割は仲介者にすぎない。したがって、くどいようだが、不動産屋に売買物件そのものに関する責任はないのである。しかし、この問題でのトラブルがあとを絶たない。新築の場合、売り主は不動産屋だから、お客はある意味では安心していられる。万が一のときは不動産屋を訴えればいいと思っているからだ。
今まで住んでいたマンションは、エントランスと言ったらポストが並んでいるだけだったのですが、コンフォリア下北沢はオートロックなだけでなく、綺麗なベンチもあって心配りが行き届いていると思いました。
わたしが先日依頼したエアコン掃除の業者さん、サービスがよくてやすいとご近所でも評判のところだったんです。道理で納得のいく掃除を行って下さったわけですね。
聞いたところによると、最近の引越しプランって様々な種類が増えてきているようですね。そのおかげで、今までよりずっと低価格で行うことが可能になってきているそうです。
すべてのお部屋に床暖房があり、IHクッキングヒーターつきのホテルライクな高層マンションに住みたかったので、AKASAKA Kタワーに引越すことがきまりました。
住み始めてから29年経つ家のお風呂は、冷たいタイルで張り巡らされており冬は心筋梗塞を起こしそうなほど寒いお風呂場なので、リフォーム 大阪で改装してもらうことになりました。
私が昨年からはじめた東京賃貸生活、思っていたよりずっと楽しく快適です。駅やスーパーが目の前という物件なので移動も買い物も本当にラクで、住み心地もかなり良いです。


マンションから眺望を楽しむというのは、せいぜい引っ越ししてから10日ぐらいではないだろうか。眺望に感動したりする期間は意外と短いものだ。それに、大都市やその周辺では、眺望などといっても、どんどん開発が進められるから、はじめは見晴らしがよくても、しだいに見通しのきく範囲が狭くなっていく。したがって、仮に14階建ての十階と三階とでは、どちらかを選ぶとすれば、わたしなら迷わず三階を選ぶ。

どちらも同じ価格なら、もう何もいうことはない。なぜなら三階のほうがはるかに便利だし、資産価値があると思うからだ。なかには眺望の点からいえば十階でも14階でもあまり変わらないから十階のほうが断然いい、と反論する人がいるかもしれないが……。

What's New
2013/10/10 おすすめ記事を更新しました。
2013/10/06 新着記事を更新しました。
2013/10/05 民間のマンションを更新しました。
2013/10/02 夢見る状態を更新しました。
2013/09/30 トラブルが見つかるを更新しました。
2013/09/28 中古を買うときを更新しました。
2013/09/27 中古の不動産では、購入した後にトラブルが発覚するケースが多いを更新しました。
2013/09/24 ホームページをリニューアルしました。

Pickup Site
Yahoo!不動産高齢者賃貸住宅アドバイザーワーキングヘーベルハウス・賃貸併用住宅について
Yahoo!不動産は賃貸マンション・賃貸アパートをはじめ賃貸物件情報が満載高齢者向け賃貸住宅の相談や住宅の売却相談など高齢者のための住宅アドバイスをしています。旭化成の賃貸併用住宅の、品質性能、住まい方のバリエーション、トータルサポートシステムについてのサイト